食べる 学ぶ・知る

押上で東日本大震災復興支援ライブ 東北の地酒を飲みながら

楽しみながら震災復興支援ができる

楽しみながら震災復興支援ができる

  •  

押上の「Artist House & Cafe ViBAR(ビーバー)」(墨田区押上1)で3月10日、震災復興支援ライブ「天空の樹の下で祭Vol.5 ~東北復興支援祭~」が開催される。

東京スカイツリーの横に立つビルの3階で、音楽を中心としたイベントスペースを展開する同店。スタジオミュージシャンでもある店長の皆川峻哉さんが東北出身であることから、音楽を通して東日本大震災の復興支援を行っている。その活動の一つが同イベントで、今回が5回目。

[広告]

出演は、自ら和太鼓奏者と三味線奏者と組んでいるRAUMI BANDをはじめ、Bsch、sitz、ハル、詩央里、ViBAR Gospel Choir、3時のおやつなど。

当日は震災がれき再生楽器プロジェクトで、震災によりがれきとなった家屋の木材などで作ったエレキベースで演奏する予定。

東北の酒蔵や酒販店の支援になるよう、ドリンクメニューに東北の地酒を用意する。皆川さんは「楽しく、おいしく過ごした時間が、震災復興支援につながってほしい」と話す。

15時開場、16時開演。チャージは飲み放題付き3,500円と1ドリンク付きの2,000円から選べる。