食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

「すみだパークプレイス」開業 スポーツ・アートの拠点目指す

すみだパークプレイス外観イメージ

すみだパークプレイス外観イメージ

  •  

 墨田・横川に複合施設「すみだパークプレイス」(墨田区横川1)が完成し、8月9日、落成記念パーティーが行われた。同敷地内のカフェ「ささや」が提供するビーガンメニューなどが振る舞われ、墨田区長をはじめ約250人が参加した。

落成記念パーティーの様子

 同施設は鈴木興産(同)が同社敷地内に建設したビル。

[広告]

 建物内にはフットサルのコート、芝居やダンスなどの稽古に適したスタジオ、保育園などが順次オープンする。

 フットサルコートは墨田区をホームタウンとして活動するフットサルチーム「フウガドールすみだ」が拠点とし運用していく。1階にある第4スタジオは同社が所有するスタジオの中で最も大きな床貼りのスタジオで、天井高は5.3メートル。空中パフォーマンスなど、さまざまなシーンに使える。

 同社はこれまで、芝居の稽古場や劇場、ギャラリーを併設したカフェなどで地域におけるアートの拠点として活動してきた。今後は、アートの拠点的役割強化に加え、スポーツの拠点、子育ての拠点といった新たな役割を担っていく考え。