学ぶ・知る

東武線全駅・全乗務員にポケトーク導入 訪日外国人への案内拡充目指す

ポケトーク(イメージ)

ポケトーク(イメージ)

  • 0

  •  

 東武鉄道が東武線全174駅(無人駅と委託駅を除く)の全係員と全乗務員にAI通訳機「POCKETALK(ポケトーク)」1600台を導入する。

 ポケトークは互いに相手の言葉を話せない人同士が、自国語のまま対話できる双方向のAI通訳機。英語・中国語・スワヒリ語など74言語に対応し、55言語で音声とテキストに、19言語でテキストに翻訳できる。

[広告]

 既に、東武線全駅(無人駅と委託駅を除く)174駅で750台を導入済み。
1月中に、特急列車車掌100台、3月末日までに全乗務員750台の運用を順次始める予定。

 同社沿線は、浅草や東京スカイツリー、日光・鬼怒川、川越など、インバウンド人気の高い観光地がある。2020年に外国観光客増が予想されることから、AI通訳機を広く導入することで、訪日外国人との対話形式での案内を充実させ、受け入れ環境の強化を図る。

Stay at Home