天気予報

28

18

みん経トピックス

墨田・京島で「謎解き」企画カレーの映画を上映

コーヒープロデューサーが焙煎する豆、墨田区内のカフェで販売

コーヒープロデューサーが焙煎する豆、墨田区内のカフェで販売

焙煎&抽出士の藤井雅彦さん

写真を拡大 地図を拡大

 コーヒープロデューサーの藤井雅彦さんが2月1日、独自のコーヒー豆ブランド「AMRITACOFFEE」の販売を「シルクロードカフェ」(墨田区太平3)で始めた。

シンプルなパッケージが目を引く「AMRITACOFFEE」

 池袋でカフェ経営の経験を持つ藤井さんは、レストランなどが希望するコーヒーの味をプロデュースする焙煎(ばいせん)&抽出士。例えばコース料理の最後に提供するコーヒーの味を、料理のテーマや味に合わせて生豆から選び、焙煎、抽出を指導している。藤井さんの焙煎したコーヒー豆が欲しいという声が寄せられることもあり、販売に踏み切った。

 生豆は比較的日本から農園に足を運びやすいアジア、オセアニア産のものを採用。テーマを決めた焙煎で提供している。第1弾のテーマは「均衡(Balance)」。酸味、甘み、苦み、コクのバランスに重点を置いてブレンド、焙煎。第2弾はアラブ音楽をテーマに提供する予定。

 パッケージのシンプルなデザインは、藤井さんの実家の家紋をモチーフに、友人の北川陽介さんがデザイン。焙煎は、専用焙煎機を設置している同店で行う。

 藤井さんは「コーヒーは添え物として非常に力を持ったドリンク。食べ物、話、空間など、それぞれのシーンでの添え物としてマッチするものを提供していきたい」と話す。

 営業時間は11時~23時、日曜は17時まで。月曜定休。

撮影/ミヤジシンゴ

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

2018年度のプレゼンター、左からセメントプロデュースデザインの金谷勉さん、アッシュコンセプトの名児那秀美さん、スタイルY2インターナショナルの有井ゆまさん、有井ユカさん
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング