「隅田川花火大会」開催-花火2万発と東京スカイツリー「初共演」

蔵前橋から花火と東京スカイツリーを望む。

蔵前橋から花火と東京スカイツリーを望む。

  •  

 江戸時代からの歴史と伝統を継承する「隅田川花火大会」が7月28日に開催され、約2万発の花火と今年開業した「東京スカイツリー」の初共演を、見物客はさまざまな場所から楽しんだ。

 隅田川の花火は、江戸幕府8代将軍・徳川吉宗が1733(享保18)年に、前年の凶作と疫病の犠牲者を弔うために行った「水神祭」を起源とする。以来、幕末の動乱や第二次世界大戦、交通事情の悪化などの理由で中断されたが、1978(昭和53)年に「隅田川花火大会」の名称で再開され、今年で35回目を迎える。昨年は東日本大震災の影響で1カ月遅れだったが、今回は通年通り盛夏の開催となった。

[広告]

 19時5分、第1会場(桜橋~言問橋間)での開始に続いて、第2会場(駒形橋~厩橋間)でも19時30分に打ち上げが始まり、20時30分の終了まで第1(約9,500発)、第2(約1万5,000発)合計で約2万発の花火が夜空を彩った。これに合わせて「東京スカイツリー」も19時~20時30分まで、水色を基調とした「粋」のライトアップを実施し、花火と「初共演」を果たした。

 この日スカイツリーの展望台は一般営業を14時でいったん終了し、17時30分からはインターネットの「東京スカイツリーWebチケット」の抽選予約や東武トラベルの「花火大会&夜景観賞ツアー」で先着順に販売した客のみに限定して22時まで営業。約700人が「天展デッキ」や「天展回廊」から見下ろす格好で花火を鑑賞した。